TOP Page > > No-thingness

No-thingness

No-thingness

マスター・OSHOは無の境地をこう訳す。

無の境地に辿り着く体験とは?

三次元のOSHOに肉体に直接あった事は無い。講話を直接聞いた事も無い。

だが、知らず知らず導かれたその「禅」と「無」。

私はサニヤシンではない。



このブログでは、無の境地、禅を理解する為のページとして作成した。

ブッダとなり、悟りを開くという表現が分かりやすいかもしれない。

サニヤシンから導いてもらった事を軸に、自分自身で悟りを開く道を選ぶ。


その為に、一つ始まったのがこのページ。


実際にこれから書き連ねていくのは、詩や俳句になる。

そう、言葉を必要としない境地に辿り着く着くまでは。

三次元では小説を書いたり、ライターをしたり、講師をしている。


そこには表しきれない高次元の感覚をできる限り可能な文字という形にしようと思う。

ここから爆発と平穏が訪れるように、日々内なる宇宙にアクセスする。

BESOのタロットミラーリング。  ご予約は下の「予約する」を押してください。

予約する

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タロットミラーリング

 BESOのタロットミラーリング。
 ご予約は下の「予約する」を押してください。

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1044位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
120位
アクセスランキングを見る>>

人気記事